トップページ > セミナーのテーマ > 財産管理委任契約

私たちのセミナーで取り上げる
主なテーマを紹介いたします。

財産管理委任契約

財産管理や事務を代わりに行ってもらう契約です

適している方

 各種支払い等のお金の管理や契約事務等を代わりに行ってもらうという意味では、成年後見制度と似ていますが、大きな違いは、財産管理委任契約が判断能力がしっかりしている方が利用できるということです。

 たとえば、頭はしっかりしているのに、字を書くのが困難、足が悪い等の身体的な理由によって、自分で財産管理が困難な方に適しています。

ご家族間の契約でも利点が

家族間で契約なんて・・・

 「わざわざ家族間で契約…?」とお考えかも知れませんが、その都度、お子さんにお願いするのは心苦しく感じられますし、特定のお子さんにいつも頼むことによって、将来、相続分をめぐって子ども同士がもめる原因になるかもしれません。

頼む方にとっての利点

たとえば、次のような事を委任する内容の契約ができます。

  • ・預貯金、銀行の手続き
  • ・税金や保険料の支払い
  • ・入院手続きや各種契約
  • ・住民票などの証明書の取得
  • ・すでに先立たれたご家族の供養やお寺とのやり取り
  • ・ご親戚や知人への贈答品の手配 など
頼まれるご家族にとっての利点

 きちんと契約することで、ご家族にもメリットがあります。

  • ・代わりに行う事務の範囲が明確になる
  • ・「勝手に使い込んでいる」等の誤解を避けることができる
  • ・契約で定められた報酬を得ることができる
  • ・生前の貢献度をめぐる相続トラブルを予防できる など

注意点

契約前の注意点

 まず、代理権の証明の問題があります。
 財産管理委任契約は、公正証書で契約書を作成したとしても、成年後見と違って登記されませんから、代理人であることを証明するには委任状が必要になることがあります。

 また、委任する相手方の信頼性や、契約内容についても十分に吟味する必要があります。

契約後の注意点

 契約で決めた報酬の支払いが必要となります。

 また、成年後見と違って、公的な監督機関がありませんから、受任者が適正な事務を行っているかどうか注意を払わなければなりません。
 なお、ご本人が認知症等で後見人をたてる必要が生じたときは、財産管理委任を継続することはできません。

Copyright(C) 2014-2017 トゥワーズ函館 All Rights Reserved.