トップページ > セミナーのテーマ > 任意後見契約

私たちのセミナーで取り上げる
主なテーマを紹介いたします。

任意後見契約

成年後見人とは

もし認知症等により、自分で財産管理できなくなったら

 成年後見人は、ご本人の代わりに財産を管理し、適切な支出、契約の代理等を行う人のことです。

 成年後見人には、

  • ・家庭裁判所が後見人を選任する「法定後見」
  • ・あらかじめご本人との契約によって後見人が決まる「任意後見」

の2種類があります。
 どちらも、家庭裁判所の後見開始の審判により就任し、登記によって代理人の地位を証明できます。

 弁護士等の専門家以外にも、ご家族が後見人になることもできます。

後見人の監督は誰がするの?

 後見人が適正な事務を行っているかどうかは、家庭裁判所または家庭裁判所が選任した「後見監督人」(弁護士等)がチェックします。
 面倒ではありますが、その反面、他の親族から「勝手に財産を使ったのでは」といった疑いをかけられるおそれは低くなります。

「法定後見」と「任意後見」の違い

「任意後見」の主な特徴は、次のとおりです。

・後見人になる人を自分で決められる

 法定後見は、後見人が必要になってから家裁へ申立てますが、任意後見は、元気なうちに自分が選んだ方を契約で指定しておけます。

・報酬額を決めておける

 ご家族でも、契約で決めた報酬を受けることで、無用なトラブルを防げます。

・契約内容を柔軟に決められる

 法人に依頼したり、代理権の範囲を柔軟に決めることができます。

・裁判所への申立て時機を逸するのを防ぐことができる

 近くにご家族が居ない方でも、見守り契約を併用して後見人候補者が面会し、後見開始の申立て時機を逸するのを防ぐことができます。

・後見人の監督者が異なる

 法定後見では、家裁が選任した後見監督人または家裁が後見人の事務のチェックを行います。
 任意後見では、家裁が選任した任意後見監督人が監督者となります。

・取消権の有無

 ご本人が詐欺や悪徳商法に遭ったときなど、法定後見では、後見人が契約を取り消すことができますが、任意後見人には取消権がありません。

Copyright(C) 2014-2017 トゥワーズ函館 All Rights Reserved.