トップページ > セミナーのテーマ > 生前贈与契約

私たちのセミナーで取り上げる
主なテーマを紹介いたします。

生前贈与契約

財産の行方を見届けることができます

元気なうちに分ける

 もし、認知症等になってしまったら、遺言や贈与をすることが困難となり、自分の財産の行方を自分で決められないことになってしまいます。

 生前贈与は、自分の財産を元気なうちにご家族等に分けてしまうことで、財産の行方をしっかり見届けることができますし、受け取った方からは感謝されることでしょう。

 また、相続時に残す財産を減らすことで、遺産分割争いを避ける効果も期待できます。

専門知識が不可欠

契約書・税金・登記・各種届出など

 贈与には、高い税率が設定されています。
 ただし、配偶者や子・孫への贈与には、税率を軽減させる特例がありますので、適用の可否や税額等については、税理士等の専門家の力を借りるのが賢明だといえます。

 特に不動産の贈与の場合は、登記や測量、各種届出等が必要になる場合があるので注意が必要です。

ライフプランニングも重要

 贈与した後、自分の生活が苦しくなってしまわないよう、資産状況などを考えながら生活設計を立てて、中長期的に検討する必要があります。

Copyright(C) 2014-2017 トゥワーズ函館 All Rights Reserved.